• ホーム
  • コンジローム、原虫病その他の性感染症とジスロマック

コンジローム、原虫病その他の性感染症とジスロマック

考えている女性

性行為がもとになって感染する病気のことを、一般には性感染症と総称しています。
この原因となる病原体にはさまざまなものが存在しますので、ピンポイントでその原因にみあった対応をする必要があるといえるでしょう。

たとえば、コンジロームというのは、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスが原因となっておきるもので、性器にカリフラワーのようないぼ状の突起物がかなりの数にわたって発生するものです。
特に痛みやかゆみといった症状をともなわないことがほとんどですので、通常はメスで焼き切るといった外科的な治療方法をとることになり、他の性感染症とはちょっと治療方法が違っているといえます。

また、ウイルスなどのほかにも、単細胞でなおかつ細菌ともつくりが異なる原虫という微生物がひきおこしているものもあり、腟トリコモナス症などはその典型的な事例といえます。
これは特に女性に関して、泡状の臭いが強いおりものが出たり、陰部にかゆみがあるといった症状を呈するのが特徴といえます。
これも原虫に適した抗原虫薬を投与することによって治療することになります。

性感染症のなかでも、淋菌感染症やクラミジア感染症などのように、細菌が性行為によって感染することでおきるものは多いといえます。
こうした細菌性の病気に関しては、ジスロマックのような抗生物質を投与することが有効となってきます。
抗生物質は、細菌を殺菌したり、増殖を抑制したりするはたらをもっていますので、血中で一定の濃度の状態が保たれれば、しだいに症状が改善されてゆくものです。

このように、性感染症の種類によって、それぞれ治療方法が異なりますので、まずは病気を特定するとともに、それに合った方法を用いるということがたいせつになります。

関連記事